スタジアム

​コロンビアサッカー留学

コロンビア1部 La Equedad  短期サッカー留学

数々の名選手を輩出しているコロンビアリーグ。

 

代表的な選手はハメス・ロドリゲス選手、弊社契約選手ホアン・モヒカ​選手等でコロンビア代表まで登り詰めました。ヨーロッパリーグのメガクラブスカウトも訪れるリーグなのでヨーロッパクラブへの登竜門的なリーグでもあります。

このリーグでプロ選手になるのも、経験を積み日本でのプロクラブでプレーするのも夢ではありません。

 

現在はコロナ禍の為に、留学斡旋は行ってはいませんが、日本、渡航先でのコロナウイルスが終息後、短期留学は可能となります。

​詳しくは、弊社までお問い合わせ下さい。

18D99ADD-66F3-4242-84C5-CFF5D7E2ECFA_edited.jpg

01

​南米プロ選手と同じ環境で

コロンビア1部リーグ ラ・エキダ サッカークラブ

クラブハウスの充実度はコロンビアでもトップクラスを誇ります。アイシングルーム、室内ジムなど 基本的には日本の クラブと遜色ないレベルと考えて下さい。

02

南米の強さはここにある

球際の強さ、身体能力の高さ、ハングリー精神

1部リーグでのレベルを体感して下さい。

​単身では18歳以上が留学対象

Jrユース、ユースのチーム単位であれば

最大30人迄(監督、コーチのスタッフ除く)

留学可能(要相談)

IMG_0007_edited.jpg
IMG_0004_edited_edited.png

03

明日ありと思う心の仇桜

単身コロンビア留学でプロ契約を勝ち取る。

かって無名の日本人が南米で成功を収めたり、切っ掛けを作り

日本代表まで上り詰めていく、そんな時代がありました。

三浦和良選手〜中澤佑二選手の世代で、彼らは単身ブラジル留学して

います。重要育成時代と呼ばれるU -13〜17やU-17〜21の時期を

南米のクラブで過ごしています。

最大の武器である吸収力を持って10代から留学することは、

プロ契約を勝ち取る為に必要なスキルは勿論、闘う姿勢や

ハングリー精神等 をいち早く現地で吸収できます。

​善は急げと言いますが、短期留学は13〜18歳にしておくのがお勧めです。

04

ピッチレベルのスペイン語

海外サッカー留学では必須となる言語。

欧州5大リーグで成功しているEU圏外サッカー選手は

大半が自国語、スペイン語、英語などを操るトリンガル選手。

近年複雑化する戦術を理解する為、コミニケーションを取る為

に必要とされていますが、引退後のセカンドキャリアにも

大きく役立ちます。

現地語学学校に通うことも条件によっては可能となります。

IMG_0012_edited.jpg